文字サイズ

TOP > フィリップス・レスピロニクスについて > 沿革

沿革

1984年9月(昭和59年)
医療機器の開発、 輸出入を目的として(株)メディック・インターナショナルが設立。(資本金1,000万円)
1985年1月(昭和60年)
全国主要拠点に人工呼吸器センターを開設し、本格的に人工呼吸器事業に参入。
1988年10月(昭和63年)
本邦で初めてとなるネーザルCPAPの薬事承認を取得。
1990年8月(平成2年)
在宅用人工呼吸器の輸入販売の開始とともに、在宅人工呼吸器事業を展開。
1990年10月(平成2年)
米国レスピロニクス社とネーザルCPAP、BiPAPの輸入販売契約を締結。
1993年4月(平成5年)
社名をフジ・アールシー(株)に変更。
資本金を1億円に増資。本社を文京区本郷五丁目3番地2号に、事業所を埼玉県さいたま市別所町に移転。
1995年10月(平成7年)
在宅人工呼吸器の伸びに伴い、全国主要拠点に24時間緊急対応の在宅人工呼吸センターを開設。
2000年4月(平成12年)
睡眠事業に本格参入するとともに臨床検査技師を20名採用。
2002年7月(平成14年)
米国レスピロニクス社と資本を提携。
レスピロニクスグループとなる。
2003年1月(平成15年)
ISO 9001を宮原事業所にて取得。
2003年9月(平成15年)
社名をフジ・レスピロニクス(株)に変更。
本社を文京区湯島一丁目5番地32号に移転。
宮原事業所をさいたま市北区宮原町一丁目825番地1に移転。
2005年4月(平成17年)
代表取締役社長にダニー・リスバーグが就任。
2007年6月(平成19年)
レスピロニクス社の100%出資会社としてスタート、経営体制を一新。
2008年3月(平成20年)
米国レスピロニクス社が、ロイヤル フィリップス エレクトロニクス社に買収されたことに伴い、フィリップス傘下企業となる。
2008年7月(平成20年)
本社を千代田区神田司町二丁目6番地に移転。
2010年1月(平成22年)
フィリップス・レスピロニクス合同会社に組織および社名を変更。
2011年3月(平成23年)
本社を港区港南二丁目13番37号フィリップスビルに移転。
2011年11月(平成23年)
ISO 13485を宮原事業所および各修理センターにて取得。
  • PHILIPS・PRJについて
  • ご挨拶
  • ビジョン
  • 会社概要
  • 沿革
  • 採用情報
  • 無呼吸ラボ
  • 若手医師のためのNPPVドラマ 導入編